ニキビ跡を隠すために

アラサーになってもニキビができる。どうしたら吹き出物がなくなるのか?について調べたブログです。
MENU

ニキビ跡を隠す方法

ニキビ跡を隠すために

女性たちを悩ませる肌悩みの上位に挙げられることも多いニキビ、治った後も醜いニキビ跡が残ってしまい、深刻なコンプレックスとなってしまっている方も少なくありません。

 

ニキビやニキビ跡があると、どうしても不潔っぽく汚らしく見えてしまうので、何とか隠すためにファンデーションを厚塗りにしてしまっている方も多いですが、これではあまりカバーしきれず、厚塗り感が出てしまい、逆に肌が汚く見えてしまうことも多いです。

 

ニキビ跡を上手に隠すポイント3つ

  1. コンシーラーや下地を上手に使う
  2. ポイントメイクで視線を散らす
  3. 最後のフェイスパウダーでキメをととのえる

 

 

ニキビ跡はファンデーションだけで隠すのではなく、コンシーラーや下地を上手に使って、気になる部分を重点的に隠し、ファンデーションはごく薄付きで仕上げると、とても綺麗にカバーできます。

 

そしてポイントメイクをしっかりと行い、視線を目元などに集中させるようにすると、ニキビやニキビ跡には目が行きにくくなります

 

色素沈着にはコンシーラーを使い、デコボコの陥没には肌を平らに埋め込む下地がおすすめです。

 

いずれも、スキンケアで肌を整えた後に、少量を肌に叩き込むように丁寧に乗せ、しっかりとカバーできたら、ファンデーションやBBクリームなどで、全体のメイクを行います。

 

その後粒子の細かいフェイスパウダーをはたけば、美しい素肌が完成します

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ